2017/04/29 14:08

これからの季節に

テーブルを華やかに演出してくれる

qualia-glassworks(クオリアグラスワークス)さんの作品をご紹介します。

林 亜希子さんの作る作品は、

吹きガラスで実用的な道具を制作されていて、

造形のバランスやガラスの厚みがなんとも言えない絶妙なデザインになっています。

繊細な佇まいでありながら、どこか凛とした潔さも感じることができます。

 

 

 

 

同じような色、同じような形の物がたくさんある中でひとつを選ぶとき、

それを選んだ理由はそれを構成するパーツの素材感やバランスだったり、

微妙な大きさや厚みの違いだったりします。

そういう要素が積み重なって醸し出される、その物の”なんかいい感じ”が物を選ぶ動機なんだと思っています。

その”なんかいい感じ”がqualiaです。

その物のまわりにあるものと良く調和して”いい感じ”を醸し出すようなものを、作っていきたい。

をコンセプトに作品を展開されています。

 

 

 

 

こちらのlens smallは

小ぶりなサイズ感でありながら、レンズの様に窪みがあることで、

サラダ、スープ、アイスクリーム、ヨーグルトなどなど、

ちょっとした物を程よいボリュームで盛ることができます。

木や陶器などのプレートと合わせてもとても素敵ですよ。

窪みはありますが、安定感もあるので安心してくださいね。

 

 

 

 

wine glassは、

ワインはもちろんですが、

ビールグラスとして使ったり、パフェを作ってみたりするのもとてもきれいですよ。

dessert glassは、

フルーツやヨーグルトを入れられるのはもちろん、

サラダを盛っていただくのもとても素敵です。

 

 

そして人気のpendant lightは、

シンプルなデザインでありながら、

ライトが付いているときはもちろん、付いていないときも、

とてもきれいな表情を見せてくれます。

玄関や階段など、限られた空間に一つ吊るされたり、

ダインングテーブルの上に複数吊るされるのも素敵ですよ!

 

 

ぜひ、 qualia-glassworks(クオリアグラスワークス)さんの作品を

暮らしに取り入れ、味わってみてください!